途上国へ輸出

man working hard with pc

エスビーティーが中古車輸出業の「輸出先」として選んだのは、海外の国々の中でも特に途上国と呼ばれるところでした。アフリカや東南アジアの国々では、「日本の中古車」が大人気なのです。

輸出以外の事業

man looking in laptop

「中古車輸出」という分野では他の追随を許さないエスビーティーは、今それ以外の新しいビジネスにもどんどん挑戦しています。「飛行機」に関するものもあって、注目されています。

関連企業の仕事

man rest chin on her hand

現在、エスビーティーはさまざまな関係会社を持ち、そこを通じてあらゆる業種に携わろうとしています。ネット関係の事業や日本企業の海外進出サポートなど、多岐にわたります。

その規模、ワールドワイド

man with his laptop

日本国内にいたずらに留まるのではなく、むしろ積極的に海外を相手にしていく企業…そんなワールドワイドな企業のひとつを紹介します。その名はエスビーティー。近年は特に、大手の都市銀行がバックにつくなど経済界でも大きな注目を浴びている企業ですが、いったいここはどのような事業で海外に目を向け、ビジネスを展開しているのでしょうか?

「海外に事業を展開」と聞くと誰もが真っ先に考えるのは貿易関係の仕事だと思いますが、エスビーティーはまさしくそれ関係のビジネスで名を成している企業です。エスビーティーはある商品を海外に輸出することで、莫大な利益を得ているのです。その商品とは、日本が世界に誇る「自動車」です。
一時は自動車大国のアメリカでさえ脅かしたことがある日本の自動車は、今でも世界最高峰のクルマとして信頼されています。エスビーティーはそんな日本車を送り出しているのです。しかしここで見逃せないポイントがひとつ!エスビーティーが扱っているのはメーカーの工場から出て来たばかりの新車ではありません。
購入した人がある程度の距離を乗りこなして買取業者を通じて売却してしまった「中古車」なのです。
次々と新しいクルマが開発される日本では、その分だけ大量の中古車が生まれます。エスビーティーはそこに目を向け、「日本で出る中古車」「世界で絶大な信頼度を誇る日本車」という要素をくっつけたのです。このビジネスは大成功をおさめ、現在では中古車輸出に留まらないさまざまなビジネスに携わっています。